気分は宮古島!黒糖作りに苗の植え付けまで、サトウキビの魅力を丸ごと楽しむオンラインツアー
2022/05/06

気分は宮古島!黒糖作りに苗の植え付けまで、サトウキビの魅力を丸ごと楽しむオンラインツアー

いまや選択肢のひとつとしてすっかり定着したオンライン体験。

なかでも注目したいのは、実際に商品やキットが送られてくる、リアルとバーチャルのハイブリッドな体験です。

今回はその中から、まるで旅に出たような充実感で、五感をフルに刺激してくれるオンラインツアーをご紹介します!

行き先は、南の国・宮古島。自宅からサトウキビ畑を訪問。現地の人と交流しながら、リアルさながらに南の島気分を体験できるプランです。

現地から届くサトウキビにわくわく!

サトウキビの植え付けは、苗ポットや土も同梱されているので安心!

まずはオンライン体験の前に、あらかじめ届いたキットを確認します。

サトウキビの茎に、サトウキビジュースが濃縮された蜜、サトウキビの苗や黒糖&キビ砂糖の見本など、盛りだくさん。旅の出発を待ちわびるように、生中継の日を指折り数えてスタンバイ!

生のサトウキビって、どんな味?

今回体験したのは、朝妻ファミリー&塩田ファミリー。お友達家族どうしということで、「お〜い!」と呼びかけあったりして、みんな楽しそう。旅行となると予定を合わせるのも大変ですが、オンラインならこうしてお友達と一緒に体験できちゃいます。

現地からは、サトウキビ農家を営み、黒糖加工職人でもある通称「キビおじさん」が登場!

青い空を背景に、遠い南の海に浮かぶ宮古島の紹介、そしてサトウキビの知識やおもしろ雑学も。江戸時代の砂糖事情といった歴史ネタから科学ネタまで、思わずパパたちも「へぇ〜しらなかった!」の連発です。

だんだん南の島気分が高まってきたところで、実際にサトウキビをパクっ!

「あま〜い!」

サトウキビって、こうやって大きくなるんだね!

サトウキビがどうやって発芽して成長するのか、丁寧に教えてもらいながら、実際に手を動かしての苗の植え付け体験も。

こちらは塩田ファミリー。土の量や深さも、すぐそばでしっかり見られるのはオンラインならでは!
「こうやってやるんだよ〜」とお兄ちゃんが張り切って大活躍です。

今度はクッキング! 黒糖を自分で作れる!? 

次は、黒糖作り体験です。

既にトロ~っとしたサトウキビジュースが濃縮された蜜を煮詰めて……、
まずはキビおじさんがデモンストレーションしてくれるので、しっかりチェック。そのあと、実際に手を動かして作ります。

煮詰めた黒糖を型に流し込みます。「うん、そうそう!」とキビおじさん。こちらの様子もしっかりチェックしてもらえるのも嬉しいポイントです。

「黒糖を煮詰めるのがおもしろい! チョコのトッピングも試してみたよ」(朝妻家:小3女子&小1男子)

朝妻家では、できあがった黒糖を早速パクっ!お味はどうかな?

「サトウキビが育つのに1年半もかかるなんて知らなかった〜。キビおじさんの畑でサトウキビジュースを飲みたいから、いつか島に旅行に行きたい!」(塩田家・小3男子)

歴史から理科の栽培、家庭科の実習……と、盛りだくさんの約90分。

子どもたちもすっかりサトウキビ博士です。家族でのレジャーとしてはもちろん、自主学習や自由研究の題材にもぴったり!

体験後、塩田ファミリーはできあがった黒糖でサーターアンダギーを作りました!

最後に両家族のパパに、感想をインタビューしてみました!

「しっかりとガイドしていただけるので、途中からほんとうに旅行に来ているような臨場感でした! 事前に届いたキットをみんなで開封するときもワクワクしましたし、実際に食べられるというのは、やっぱり子どもたちもテンションが上がります! みんなで一緒に食べるのは、一体感が生まれていいですね。複数の家族で旅行は難しいですが、オンラインなら手軽に同じ体験ができるのは大きな魅力です。今回はノートパソコンで参加しましたが、次は大きなモニターにつなげられたら、さらに楽しめそうです!」(朝妻家パパ)

「オンラインでの体験は初めてではありませんでしたが、こうやって実物を手に取りながら作業ができると、より充実した時間を過ごせますね。今回はお友達と参加できたこともあり、子どもたちも緊張せずわいわい楽しめたようです。こういう体験は、旅行先でも時間をやりくりできず参加できないことも多いので、自宅で手軽で体験できるのはとてもいい経験になりました!」(塩田家パパ)

「きいろいかご」読者の方限定特典♪
プロが作る黒糖の見本を、通常1種類のところ、2種類お送りします!
ご予約の確認の際 ”「きいろいかご」をご覧になってご予約”、の項目を選択ください。

【今回のオンライン体験】HIS 宮古島から生中継 ♪黒糖作りや苗の植付け サトウキビの魅力丸かじり体験

【今回の体験モデル】朝妻さん親子、塩田さん親子 

関連タグ
タイトルとURLをコピーしました